今週末は8月最後の週末になりますが、皆様この夏はどのように過ごされましたか?

 制限の無い夏とはいえ、コロナ感染拡大の第7波もあり、人混みを避けて屋外のレジャーを計画された方もいらっしゃったのではないでしょうか。 

 千葉県内には、海や山をはじめ豊かな自然と屋外レジャースポットが多数あり、その点とても恵まれているなと感じています。 ただ、屋外のレジャーの場合は、お天気の心配がつきものですので、今回はお天気に左右されず過ごせる博物館や美術館をご紹介したいと思います。

 県内には県立博物館・美術館などの施設が8カ所ありますが、その中でも、千葉県立中央博物館は「房総の自然と人間」を常設展示の全体テーマとし、千葉県の自然と歴史について学べる総合博物館となっています。常設展示は(房総の自然誌、房総の歴史、自然と人間のかかわり)の3つで構成されており、現在、「ようこそ海の王者鯨の世界へ」も特別展示されています。こちらの特別展は、日本でも有数のクジラ類の生息地である千葉県ならではの、かつてない規模の展示会となっているようです。

この時期、夏休みの課題に追われている学生さんや保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ご興味ありましたら是非足を運んでみて下さい。

・千葉の県立博物館 http://www2.chiba-muse.or.jp/www/index.html

・千葉県立中央博物館 http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/index.html